bluetoothクラシック& bluetooth低エネルギー& bluetoothデュアルモードの比較
bluetoothは、互換性のあるチップを搭載した機器間の短距離無線データ伝送のための技術規格です。bluetoothコア仕様には、bluetooth classicとbluetooth smart (bluetooth low energy)の2つの主要な技術があります。どちらの技術にも、発見や接続などの機能がありますが、互いに通信することはできません。そのため、bluetoothシングルモードとbluetoothデュアルモードのハードウェアモジュールには違いがあります。スマートフォンの私たちの毎日の使用でbluetoothは、bluetoothクラシックとbluetooth low energyをサポートすることができますbluetoothデュアルモードです。



Bluetoothクラシック

bluetooth classicは、高いアプリケーションスループット(最大2.1 mbps)を持つ連続的な双方向データ転送用に設計されています。効果は非常に高いが、短い距離にのみ効果がある。したがって、オーディオやビデオ、マウスなどの連続的なブロードバンドリンクを必要とするデバイスをストリーミングする場合には、完璧なソリューションです。従来のbluetooth対応プロトコル:SPP, A2DP, HFP, PBAP, AVRCP, HID.

 bluetooth低エネルギー

SIGの研究は、過去10年間に経ちまして、エネルギー消費の観点からbluetoothの性能を向上させることを目指しており、2010年にbluetooth low energy (ble)規格が開発できされました。bluetooth low energyは、bluetoothの超低消費電力バージョンで、低消費電力センサーおよびアクセサリ用です。連続接続を必要とせず、長いバッテリ寿命に依存する用途に最適です。


bluetoothクラシックとbleの主なアプリケーション

bluetooth classicは、次のような音声とデータ伝送の連続ストリーミングを必要とする製品に最適です:
  • Wireless headsets
  • File transfers between devices
  • Wireless keyboards and printers
  • Wireless speakers

Bluetooth Low Energy (Bluetooth LE)は このようなIOTに最適です。:
  • Monitoring sensors
  • BLE Beacons
  • Proximity marketing

まとめると、bluetooth classicはbleの古いバージョンではありません。bluetooth classicとbluetooth low energyは共存しており、異なるアプリケーションで使用されています。それはすべて、それぞれのニーズに依存しています!

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号