Nordic nRF5340 Audio DK

Nordicは最近Bluetooth audio portfolioの新製品 nRF5340 Audioの Audio Development Kitを発表しました. このaudio DKには開発者はBluetooth le audioの高音質、低消費電力、ワイヤレスステレオきの機能を活用するために必要なすべてが含まれています。


Nordicは、bluetooth®leオーディオ製品の迅速な開発のための設計プラットフォームであるnrf5340 audio development kitを発表しました。nrf5340は、2つのarm®cortex®- m33プロセッサを搭載した世界初のワイヤレスsocで、le audioやその他の複雑なモノのインターネット(iot)アプリケーションに最適です。bluetooth special interest group (sig)はle audioを「ワイヤレスサウンドの未来」と表現しています。この技術は、classic audioで使用されている低複雑度サブバンドコーデック(sbc)を拡張した低複雑度通信コーデックlc3に基づいています。


lc3を使用することで、le audioはクラシックオーディオよりも高品質でバッテリー寿命が長くなります。広範なリスニングテストにより、lc3はすべてのサンプル・レートで同じサンプル・レートでsbcよりも優れたオーディオ品質を提供し、無線データ・レートの半分でも同等かそれ以上のオーディオ品質を提供することがわかりました。




le audio製品の消費電力を最小限に抑えるためには、低いデータレートが重要です。le audioは、オーディオ共有を含む、真のワイヤレスステレオ(tws)やその他の新機能をワイヤレスオーディオアプリケーションにもたらします。


audio dkのコアであるnrf5340 socは、高性能アプリケーションプロセッサと完全にプログラム可能な超低消費電力ネットワークプロセッサを組み合わせ、最適な電力効率と高性能をデュアルコア・アーキテクチャで実現しています。128 mhzのarm cortex-m33アプリケーションプロセッサには、1 mbのフラッシュと512 kbのramが搭載されており、カスタムアプリケーションやlc3などのオーディオコーデックの処理に最適です。


64 mhz arm cortex-m33ネットワークプロセッサは、256 kbのフラッシュメモリと64 kbのramを搭載し、nordic bluetooth le audio rfプロトコルソフトウェアを実行するために電力最適化されています。nrf connect sdkは、nrf5340 audio dkボードレベルのサポートを提供するnrf5340 soc開発プラットフォームで、le audio、bluetooth low energy、threadなどのアプリケーションに対応しています。


audio dkは、nrf5340 socに加え、nordicのnpm1100パワー・マネージメントic (pmic)とcirrus logicのcs47l63オーディオ・デジタル・シグナル・プロセッサ(dsp)を搭載しています。


npm1100は、設定可能な高効率バックレギュレータと、最大400 maの充電電流を備えたバッテリ充電器を非常に小型のフォームファクタで内蔵しているため、TWSイヤホンなどのスペースに制約のあるアプリケーションに最適なpmicです。cs47l63は、高性能dacと差動出力ドライバを搭載しており、モノラルおよび直接スピーカ出力のみのイヤフォン製品用に、外部ヘッドフォン負荷に直接接続するよう最適化されています。

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号