IoT ソリューション上bluetoothとwi-fiの区別

bluetoothとwifiモジュールは、現在IoT業界で最も人気のある無線技術です。しかし、デザイナーの中には、「IoTプロジェクトにbluetoothやwifiが必要なのか」と言う人もいます。次のような質問を整理して、そこで、この2つのワイヤレス接続技術を比較して、設計者が選択しやすいようにします。


技術上の差別

ブルートゥースは、近距離でデータをやり取りする無線技術の規格です。UHF電波で動作する。RSSケーブルに取って代わりましたブルートゥースにはブルートゥース低エネルギーとブルートゥースクラシックがあります。


wi-fiはIEEE 802.11規格に準拠した無線LAN技術である。wi-fiは2.4で動作する。GHzまたは5GHz周波数の動作距離は、一般的にBluetoothよりは遠いです。


データの送信速度

BLEは小さなデータブロックを転送するように設計されている。だからセンサからデータのような軽量なデータを送信するのに最適ですBLEは約1Mbpsの帯域しか提供できない。bluetoothクラシックは2 ~ 3倍高速。


HaLowのような低速wi-fi規格では347Mbpsまでのデータ転送が可能ですが、より高速な規格では1.3 gbps以上のデータ転送が可能です。そのため、wi-fiは動画や写真などの重いデータを転送するのに最適です。


信頼性

Bluetoothは過去に重大なセキュリティ上の欠陥がありましたが、ほとんどが新しい標準で解決されています。多くの場合、依然として最良のセキュリティ規格は実装されていませんが、正しく設定すれば接続が安全になる可能性があります。


反対側のWi-Fiは以前安全に興味があったため、それぞれWEP、WPA、WPA2、WPA3のセキュリティプロトコルを開発しました。可能な最新のセキュリティプロトコルであるWPA3を使用することをお勧めします。Bluetooth接続のセキュリティを正しく設定すれば、ほとんどすべてのケースで十分ですが、転送しようとするデータが非常に敏感で、追加のセキュリティをご希望の場合は、Wi-Fiの使用を検討してください。


使用範囲

Bluetoothの範囲は障害物によって大きく異なりますので、使用したい場所によって異なります。また、多くのBluetoothモジュールがあり、それらは異なる最大範囲を持つでしょう。通常、それは40メートルから400メートルの間でしょう。


通常、従来の2.4GHzで動作するWi-Fiルーターは、屋内では最大46m、屋外では92mに達します。5GHz Wi-Fiは2.4GHzよりも障害物に対して脆弱です。しかし、長距離到達用に設計されたWi-Fi HALOWは1GHz未満の周波数で動作し、最大1kmまで到達できます。


消費電力

ほとんどの場合、BluetoothデバイスはWi-Fiよりも少ない電力を消費します。BLEは、エネルギー消費量が低いように特別に設計されています。Wi-FiデバイスはBLEデバイスの10倍以上の電力を使用できるため、その差はかなり大きくなります。


価格競争力

Bluetoothデバイスは一般的に安価です。バッテリの交換は非常にまれに行われるべきであるように低電力を消費するため、1日のコストも安価です。また、Wi-Fiの適切な構成を設定するのはやや難しく、設置コストが高くなるでしょう。


FEASYCOMは中国のBluetoothおよびWi-Fiモジュールの研究・製造メーカーで、無線通信業界で10年以上の経験を持ち、BluetoothまたはWi-Fiモジュールを必要とするプロジェクトがあればご連絡ください。当社のハードウェアおよびソフトウェアエンジニアが技術サービスを提供します。

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号