QCC5125 LDAC デコーダ対応  bluetoothオーディオモジュール

LDACって、どういう機能なんですか?

LDACは Sonyで新しく開発したデコーダです。

LDACは、24ビット/ 96kHzの(とも呼ばれる高解像度オーディオ)で990キロビット/秒までのBluetooth接続を介してオーディオをストリーミングすることができます、ソニーが開発した音声符号化技術です。その主な競争相手は、クアルコムのAPTX-HDテクノロジです。ビットレートの面で直接競争力はないが、AACは、実際に改善ワイヤレスオーディオ品質のために競争力のある技術であり、アップル、YouTubeや他の企業で使用されています。


LDACの特徴はなんですか?

LDACは既存技術(*)に比べ最大約3倍の情報量を伝送します。

ハイレゾ音源を低い周波数・低いビット数へダウンコンバートすることなく伝送できます。

LDACに対応した機器間では、ハイレゾ音源をはじめ、 従来からお持ちの音源もワイヤレスで高音質なサウンドでお楽しみ頂けます。


Feasycom FSC-BT1026Eは チップセットQCC5125を採用し、 Bluetooth 5.1 バージョンモジュールです。サーポトプロファイルはA2DP, AVRCP, HFP, HSP, SPP, GATT, HOGP, PBAP等です。高音質なサウンドで専用開発した製品で、 LDAC, apt-X, apt-X HD, apt-X Low Latency, aptx-AD, SBC とAACもサーポトできます。

モジュール: FSC-BT1026E

チップセット : QCC5125

サイズ: 13mm x 26.9mm x 2.2mm

送信電力 : +9 dBm

サイクル数 : 2.402 - 2.480 GHz


アプリケーション:

● HiFi Audio

● Bluetooth speaker

● Bluetooth headsets

● Home audio application

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号