会議用オデオンモジュール発信端/受信端の応用

一、会議用オデオンブルートゥースモジュール

ブルートゥースオーディオの応用は日常生活に結構流行っています。ブルートゥースマイク、ブルートゥースイヤホン、ブルートゥースヘッドフォンで音楽を聴く応用は最もブルートゥースの一番活用方法です。ブルートゥースのいろいろな応用の便利性を受けられていると共に、ブルートゥースが高音質、低遅延等の要求もかなり増えてきました;Feasycom社の開発は、使用者の要求に考えて、A2DPの高音質、低遅延のブルートゥースアプリケーションを開発できました;これらのブルートゥースモジュールは音質に高い要求の使用者に適用されています。

二、会議用オデオンブルートゥースモジュールの特徴

便利、短い開発周期、低開発コスト

標準ブルートゥース協議満足、受信端に柔らかく搭載可

寸法適用、機能全、接続口設定活用可、OTA

発信と受信を一体でき、発信端使用は当時に2個設備接続でき


三、発信端の提案ブルートゥースモジュール

1、 FSC-BT906 | HFP A2DP Bluetoothオーディオモジュール


Bluetooth version:Bluetooth4.2

チップセット:CSR8811

Module 寸法: 13mm x 26.9mm x 2.2mm

接続口:dual I²S 、 PCM 、SPDIF

特長:オデオン+データ 発信受信一体

Protocol suppot:SPP/ GATT/HID/ A2DP/ AVRCP/ HFP/HSP等

ご使用にTrueWireless, ShareMe等をカスタムデザインも対応可能です。


四、受信端の提案ブルートゥースモジュール

1、FSC-BT1026C | QCC3024 ブルートゥース5.1デュアルモードオーディオモジュール


Bluetooth version:Bluetooth 5.1

チップセット:QCC3024

Module 寸法:13mm x 26.9mm x 2.2mm

オデオン接続口:I²S 、 PCM 、SPDIF

データ接続口:UART、I2C、SPI、PIO、AIO、USB2.0

Protocol suppot: HSP/HFP/A2DP/AVRCP/PBAP/MAP/SPP/GATT

特長:オデオンとデータ送信一体、发射功率:9dBm


2、FSC-BT958


Bluetooth version:Bluetooth 4.2

チップセット:WT230-U

Module 寸法:13mm x 26.9mm x 2.2mm

オデオン接続口: I²S 、 PCM 、SPDIF

データ接続口:UART、I2C、SPI、PIO、AIO、USB2.0

Protocol suppot::HSP/HFP/A2DP/AVRCP/PBAP/MAP/SPP/GATT

受信スピード:-85.0 dBm

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号