日本>!?中国は!?韓国は!?アメリカは!?海外主要各国の電波法認証のポイント解説

Feasycom海外営業部を成立してから、海外へ出荷しているブルートゥースモジュールがどんどん増えていくように見えました;お客様から認定につきましての相談も多くなってきましたが、この際には一つポイントがなってきます。電波法認証に関して、機器をどういう認定が必要ですか?なんにを注意しなければならないですか?


Bluetooth機器を海外展開する上で必要になってくる「電波法認証」についての説明です。


①Bluetooth機器を輸出する再の注意点

Bluetooth機器は海外に輸出する/しないに関わらず、Bluetooth認定が必要です。

この認定を取得するとWorldwideで利用可能、かつ、有効期限もなし


②電波法認証

Bluetooth認定と異なり輸出先各国で独自の電波法が存在、ほとんどの国々で規制されている法律です。

無線技術を搭載した製品を海外へ輸出する際はBluetooth機器輸出したい当該国の法律基準に適合必要

輸出当該国それぞれの電波法の認可取得しなければならない


➂確認国に対している認定表示

電波法認証 - 中国



2019年に認証制度変更

認証試験所の不正の横行を防ぐために制度が見直しに

現地の試験費用が不要になり、認証費自体もコストダウン

認証更新を何度でも繰り返すことができる

取得に必要な期間 2~3ヶ月

電波法認証 – 韓国



現地KC試験が必要

日本の電波法試験に近い

テストレポート流用による認証取得は不可

KCマーク認証済Bluetoothを搭載している場合、金属のRFシールド有などの条件を満たせば最終製品の無線試験は免除

電波法認証 – アメリカ・カナダ


アメリカ・カナダで国が異なるので認証はそれぞれ必要だが、試験は共通なので一回で済む

登録名義の会社ルールがアメリカ・カナダで違う

FCC:日本に所在の会社でも可能

ISED:カナダに所在の会社(現地法人・代理店・名義貸し代行業者)

電波法認証 – EU・EFTA

自己宣言制度

許可証不要、試験所認定も必須ではない

CEマーク認証済Bluetoothモジュール

テストレポートがあれば部分的に最終製品の認可を省略可能


FeasyCom社は長年認定経験者でモジュールの認定を担当していますので、安定の認定会社から認定証明書を取得できますので、

海外お客様の電波法認定には強く提供できます。

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号