新型コロナウイルスを不活化する紫外線殺菌IoT新製品にFEASYCOM 製FSC-BT616を搭載すること

日本国立大学法人広島大学の研究結果を踏まえて開発した、紫外線照射によるウイルス不活化・殺菌機能を搭載した新製品「BIRD SAFE」の発売を弊社のお客様は決定いたしました。この開発にはFeasycom製のFSC-BT616を使っています。




· 開発の背景:コロナと戦う時代になりました、数ある感染対策の中で、コロナウイルスが最も恐れているものは<紫外線>UVCです。


紫外線UVCゾーン波長は100-280nm、太陽から届く紫外線は波長によって、UV-A、UV-B、UV-Cの三つに分けられます。


UV-C領域紫外線は細菌やウイルス対する不活性効果があることが知られておりますが、オゾン層で完全にさえぎられて地面には届きません。



菌の種類や生息条件によりますが、紫外線による不活性効果全ての菌種に対して有効で、かつ対象となる菌に耐性を与えることがありません。細胞内の核酸に紫外線が照射や吸収されると核酸が化学反応を起こし、新陳代謝が阻害され、增殖能力を失います。さらに照射が多くなると、原型質が破壊され、死滅されるといわれています。UVライト照射試験の結果からみると、MRSAにやく5分間UVライトを照射すると、菌の不活性効果が確認できるということがわかりました;


FSC-BT616を利用して、UVライトの状況を監視できます。IOTによる安全性の担保ができます。空間状況を適切に把握する他、機器の故障、不具合により、エラーの照射を排除できるし、もっと安全性を確保した上で、自然な形で生活空間に取り込まれる点が特徴です。紫外線の特徴を生かして安心で安全な環境につながることが願います。ブルートゥース連接の効能がこの安心な環境を作るには最も重要な効果を生かしています。


FEASYCOMはお客様に大きい力を尽くして、サーポトいたします。IOT技術によるウイルスの感染リスク軽減と人が暮らす安心・安全な生活の実現に貢献いたします。

Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号