ブルートゥースプロトコルスタックモジュールはどのように動作しますか

ブルートゥース協定スタックとは何ですか?

ブルートゥースプロトコルは通信プロトコルです。通常、私たちはある種の合意の実現コードをプロトコルスタックと呼びます。BLEプロトコルスタックは、低電力ブルートゥースプロトコルを実現するコードであります。


ブルートゥースプロトコルは、基礎レート/強化データレート(BR/EDR)および低消費電力(LE)を含めでいます。


ブルートゥース合意スタックにはいくつの解決策がありますか?


1.ホスト+コントローラのダブルチップ標準アーキテクチャ

Bluetooth SIG規格は、アップルなどの携帯電話を商用の新しいAPに置き換えることを可能にしており、Bluetoothモジュールを変更する必要はない。同様に、新しいBluetoothモジュールで古いBluetoothモジュールを置換しても、AP端はいかなる変更も必要がありません。この規格はブルートゥースプロトコルスタックを2つの部分に分けます。ホストとコントローラです。ホストはAPで動作し、コントローラはブルートゥースモジュールで動作します。両者はHCIプロトコルで通信していますので、二重チップ標準ソリューションと呼びます。



2.マクロプロセッサはブルートゥースプロトコルスタック全体を制御します。

携帯のBluetoothアクセサリーはもう一つのよくある応用です。普通、携帯の部品の機能は比較的に簡単で、通常損失はとても小さいです。チップを使ってブルートゥースプロトコルスタック全体を実現するのはいい選択です。すべての機能は同じチップに置いています。つまり、ホストとコントローラは同じチップにあります。物理HCIは存在する必要がありません。APIを通じて直接に相互作用します。



3.カスタム二重チップアーキテクチャ

あるブルートゥース設備の機能要求は複雑です。非常に強力なMCUをメインアプリケーションとして必要とし、Bluetooth SoCはシステム全体の一部にすぎない。この場合、ほとんどのブルートゥースプロトコルスタック機能またはブルートゥースプロトコルスタック機能はブルートゥースSoCで実行され、ブルートゥースアプリケーションはメインMCUで実行されます。主MCUとBluetooth SoCの間の通信プロトコルはメーカー自身で定義されており、これをカスタム二重チップアーキテクチャソリューションと呼びます。この案もよく見られます。HCIインターフェースは、メインMCUとBluetooth SoCとの間の通信に使用されます。ここでのHCIは物理通信のためだけに使用されています。通信の主体はホストとコントローラではなく、通信パケットはBluetooth SIG規格に適合していません。



FeasycomのBT825B、BT805B、BW121はブルートゥースプロトコルスタックモジュールであり、お客様が直接にそのMCUにファームウェアを書き込むことをサポートします。そのコストは普通の製品より安いです。詳しい情報に興味があれば、オンラインで問い合わせてみてください。


Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号