超低消費電力Dialog DA14531モジュール、知的医療に利用可能

2019年11月に、Dialog Semiconductorは世界最小の電力効率を誇るブルートゥース5.1 SoC DA14553モジュールを発売しました。0 dBmで働くと、TXとRXの消耗はそれぞれ3.5 mAと2.2 mAです。これはボタン電池を使っても、電池の寿命は数年間続くことを意味します。


モノのインターネットやスマート機器の発展に伴って、ますます多くの設備が無線接続を必要とします。しかし、すべての設備がビッグデータを転送する必要があるわけではなく、大量の電源が必要となるとは限りません。そのため、ブルートゥース接続は一番いい選択になりそうです。また、既存の製品の中のモバイル機器と接続したいならば、このアプリケーションを使いやすいように簡単な設定や操作インターフェースを提供することができ、より低いコストで既存の製品に接続機能を追加することができます。


DA 14531ブルートゥースモジュールは知的医療保健に使用できます。特に多くの着用可能なデバイスに使用されています。


以下はFeasycomが提供する2つのDA 14531チップセットに基づくブルートゥースモジュールの製品です :

1.BLE 5.1低消費電力ブルートゥースシリアルモジュール|FSC-BT691

BLE 5.1モジュール

超小型、内蔵アンテナ付き:10 mm*11.9 mm*2 mm

超低消費電力:TX:3.5 mA RX:2.2 mA(0 dBm)

UART、I 2 C、SPI、GPIOインターフェースなどをサポートします。


2、Dialog DA 14531小さいサイズのブルートゥースモジュールBLE 5.1 | FSC-BT697

BLE 5.1モジュール

極低消費電力:TX:3.5 mA、RX:2.2 mA(0 dBm)

体積が小さい:15.2 mm x 15.2 mm x 2 mm

3つのBLE接続、OTA、iBeaconをサポートします。


Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号