データ/オーディオブルートゥースモジュールはどのようにタイプを選択しますか?

市場上には多くの種類のブルートゥースモジュールがあります。多くの場合、開発者は素早く適切なブルートゥースモジュールを選択できません。以下の内容は、特定の条件の下で適切なモジュールを選択する方法を説明します。


1.チップ:チップは製品の使用過程における安定性と機能を決定しています。一部の顧客は直接に有名なチップモジュールを探すかもしれません。例えば、CSR 8675、nRF 52832、TI CC 2640などです。


2.用途(データのみ、オーディオのみ、データプラスオーディオ)、例えばBluetoothスピーカを開発するには、オーディオプロファイルをサポートするモジュールを選択しなければならない。FCC-BT 802(CSR 8670)とFCC-BT 1006 A(QC 3007)があなたに似合うかもしれない。



データを転送するためには、どのタイプのアプリケーションを開発するべきか、例えば、単純な一対のデータ通信、または一対のマルチデータ通信などが必要であります。

オーディオを送信するためには、簡単な一対のオーディオ送信または受信、オーディオ放送またはTWSなどに使用されているかどうかを知る必要があります。

FeasycomはすべてのBluetoothソリューションを持っています。もし上記の方案を探しているなら、電話で直接問い合わせてもいいです。


3、作業距離:短距離であれば、普通のモジュールはあなたのニーズに応えられます。80 m以上のデータを転送する必要があるなら、FSC-BT909(CSR 8811)の超リモートモジュールがとてもお似合いです。

4.電力消費量:モバイルスマート機器は低消費電力が多く、私たちのFSC-BT616(TI CC 2640 R 2 F)低エネルギーモジュールを選択できます。



5,例えばBluetoothデュアルモードまたは単一モードは、BLEのみを使用するならば、デュアルモジュールは不要であり、SPP+GATTまたはオーディオプロファイル+SPP+GATTを使用する必要があるならば、デュアルモードモジュールはあなたに適しています。


6.インターフェース:ブルートゥースモジュールのインターフェースはUART、SPI、I 2 C、I 2 S/PCM、アナログI/O、USB、MIC、SPKなどを含みます。


7.データ伝送速度:モジュールによって伝送速度が異なります。例えばFSC-BT836Bの伝送速度は82 kB/sまでです。


8.動作モード:モジュールがメインモジュールであるか、モジュールであるかにかかわらず、オーディオを送信したり、オーディオを受信したりすることができます。


サイズ:小型モジュールが必要であれば、FSC-BT821(Realtek 8761、デュアルモード、データのみ)、FSC-BT630(nRF 52832、BLE 5.0、データのみ)、FSC-BT802(CSR 8670、BT 5.0ダブルモード、データ+オーディオ)の体積はすべて小さいです。




Sitemap粤ICP备13025416号
ホーム
Bluetoothソリューションケース、Bluetoothメッシュモジュール、Wi-Fiモジュール、Bluetooth Wi-Fiモジュール、Bluetoothビーコン、iBeacon |フイージーコム
facebook Youtube Twitter
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号