Arduino UNOブルートゥース接続開発ボード | FSC-DB007

製品の概要

  ●  FSC-DB007は、ARDuino UNO用に設計されたプラグアンドプレイ娘開発ボードであり、FSC-BT616、FSC-BT646、FSC-BT826、FSC-BT836などのBluetoothモジュールを利用することで、Arduino UNOがリモートBluetoothデバイスと通信することを可能にします。
    ● この開発ボードを使用すると、開発者はATコマンドでBluetoothモジュールを制御できるだけでなく、スループット転送も自由に行うことができます。
    ● FeasycomのBluetoothモジュールとArduino UNO.を組み合わせたい場合は、FSC-DB007が最適なオプションです。

オンラインで購入する

基本パラメータ

ハードウェア部品の場合、FSC-DB007はピンポートを備えたArduino UNOと完全に接続することができます。FSC-DB007 Bluetooth開発ボードは、Arduino UNO の ~10 (モジュール TX) および ~11 (モジュール RX) の IO ポートのみを使用する必要があります。残りの IO ポートは占有されません。ユーザーが機能を拡張し、配線のトラブルを回避することは便利です。

ソフトウェアパーツの場合、Feasycomは、ユーザーがテストや機能開発を行うことを容易にするために、ユーザーに「FeasycomシリアルポートV1.0.3」という名前の無料シリアルポートツールを提供しています。



機能:

  ●  高い互換性
  ●  Arduino UNO とBluetoothモジュールの接続を簡単に行えます。
  ●  Aduino UNOの二つI/Oポライトのみ占有
  ●  無料シリアルテストツール
  ●  作りやすい
  ●  各種のFeasycomモジュールを集積できる




アプリケーション:
 ●  Arduino UNO とBluetoothモジュール間の接続を構築
 ●  機能テスト
 ●  教育アプリケーション



製品相談
Sitemap© 2013-2025 feastcom.com 版权所有粤ICP备13025416号